お気に入りの登録はありません。
閲覧履歴はありません。

複数フロアのメリット・デメリット

大規模なオフィス移転(1000坪以上など)になると、複数フロアをご契約頂く事も多いですが、中規模や小規模な企業でも、複数フロアを利用される事もあります。多くは、もともと1フロアでスタートしたけど、拡張で大きくなっていったケースですが、最初から2フロアで契約される場合もあります。


複数フロアの場合は、複合機など備品関係の管理と、トイレなどが無駄に多くなってしまう事や、コミュニケーションロスをいかに防ぐかという事が課題になると思います。


最近は1フロアで仕事をしたいというオーダーが圧倒的に多いですし、フロアやオフィスがわかれている企業様が1フロアに集約したいというオーダーも大変多いです。


以前、10部屋に分かれていたオフィスを、300坪の1フロアに集約した大手芸能事務所様のお手伝いをした事がありますが、見違えるほど業務効率やトイレなどの環境が良くなったと喜んで頂けました。


結果的に坪数も効率的になった為に、コストメリットも大きかった様です。複数フロアにまたがっている企業様には、集約の検討をされるのも良いと思います。


ただし、場合によっては複数フロアをオススメするケースもありました。


大きなセミナールームを作りたい。大きな防音ルームやスタジオを作りたいといった場合には、フロア内を造作するよりも、別フロアを専用にした方が内装費用的にも効率が良いケースが多いです。また、制作室や書類等の保管スペースやサーバールームは、坪単価の高い執務スペースに設置する必要も無いので、地下などに分ける事で坪単価の圧縮を図られた事もあります。


また、プロジェクトなどによって人員の増減が激しい企業ですと、その度に移転するよりも、1フロア毎に借り増しや減床をされる方が良いです。


基本的には1フロアがオススメですが、総合的な判断が必要となりますので、オフィスコンサルタントや内装関連の企業に相談されると良いと思います。


はじめてご利用の方へ
  • 全物件
    仲介手数料は無料
  • 専任スタッフが
    契約までサポート
  • 全国の賃貸オフィス
    の取り扱い

officeeは、5,000社以上の企業様にご利用いただいています。

  • BIZREACH
  • SmartNews
  • Otsuka
  • Berlitz

物件探しでお困りの方は、経験豊富な専任スタッフに
お気軽にご相談ください。

  • メールで相談する
  • 電話で相談する 0120-981-247

お問い合わせ受付時間 平日 9:00〜20:00