お気に入りの登録はありません。
閲覧履歴はありません。

ウォンテッドリー株式会社

  • facebook
  • twitter
  • b
  • mail

【ウォンテッドリー】ココロオドルオフィス

ソーシャル・リクルーティング・サービス「Wantedly」を運営するウォンテッドリー株式会社。「何をするか」より「誰とするか」を大切にした仕事探しを実現し、「シゴトでココロオドル人をふやす」をミッションにサービス提供をされています。

そんなWantedlyさんが目黒の新オフィスに移転をされたということで、インタビューに行ってきました!(最終更新日:2013/12/04)

フロアに上がると現れたのは、白い光を宿った扉。その真ん中にはWantedlyの【W】ロゴが!

Wantedly オフィス1

扉を開けると、眩しいほどの白。植木の鮮やかな緑。足元に目をやると、モルタルの床になっています。右手には執務スペースが覗けるようになっていて、全体的に透明感があり“オープン”な印象。

Wantedly オフィス2

エントランス左手奥には、おしゃれカフェのようなミーティングスペースが!

Wantedly オフィス3

ミーティングルームは2つ並んでいて、入り口には「TW」と「SP」と書かれています。実はみなさんが好きなコミック「ジョジョの奇妙な冒険」に出てくる「ザ・ワールド」と「スタープラチナ」の頭文字から付けられているそう。モノトーンのシンプルなデザインが印象的です。

Wantedly オフィス4

通していただいた「SP(スタープラチナ)」ルームには、色鮮やかなアート作品が置かれています。なんと仲さんの自作だそう!

Wantedly オフィス5

それでは、こんな素敵なオフィスに引越しされるまでの経緯を聞いていきたいと思います。

Wantedly オフィス6

20坪から85坪へ。急拡大を決めた理由

── 今回移転をされたきっかけは何でしたか?

Wantedly オフィス7

入居していたオフィスがおよそ20坪だったのですが、成長に伴ってぎゅうぎゅう詰めになっていました。電話をするとエンジニアの集中力が切れてしまうような状態で、決して働きやすい環境とは言えませんでした。 また、会議室の使用頻度が高かったにも関わらず、そのスペースは確保できませんでしたので、外部で借りていました。Wantedlyの相談会など、ご来客の機会も多いので、会議室の内部化は今回移転をする目的の一つでもありました。

── 約4倍の広さへ移転。どのように決められたんですか?

Wantedly オフィス8

人員計画ありき、でした。Wantedlyを成長させるためにどれだけの人員が必要かを各部署から出してもらい、採用計画を立て、必要な広さを算出しました。探し始めた時は、小さめなところを探していたのですが、成長カーブに合わせて調整をし、85坪という今の広さに着地しました。
人が倍になればミーティングも倍になり、ミーティングルームも2つは必要で……と考えていくと、このサイズがちょうど良いということになりました。サービスの成長に伴って、クライアントのみなさまをサポートするチームのメンバーも急増しているんです。

オフィスも組織も、まだまだベンチャー

── 移転によって実現したいゴールはありましたか?

Wantedly オフィス9

2012年の終わり頃、オフィスは小さく仕切りもなかったのですが、5人で必死になってサービスを作っていました。資金調達はしていましたが、サービスは赤字で口座からお金が減っていく一方。一人一人が何とかしなきゃいけないと一所懸命でした。
2013年3月に黒字化をし、サービスが安定してきたこともあって、良くも悪くも「会社っぽく」なってきました。ただ、まだまだベンチャーのカルチャーを持った会社でありたい。人が増えても、オーナーシップを持ってシゴトに取り組んでほしい。そんな願いを込めてオフィス作りをしました。

── 内装のテーマやこだわりポイントはありますか?

Wantedly オフィス10

まず、デザインをかっこ良くしたいと思っていました。シリコンバレーにありそうなオフィスにしたかったですね。
テーマは【ミニマリズム/シンプル/透明性/発展途上】。「ミニマリズム」「シンプル」というのは、プロダクトや行動規範とも共通しているのですが、曲線を使わずに直線だけで構成し、カラーもモノトーンで他の色を使わない、といったところに現れています。
会議室もガラス張りで見えるようになっていたりするのが「透明性」。エントランスのモルタルや真っ白な壁などが「発展途上」を想起させます。
これらは、オフィスの内装に限ったテーマではありません。Wantedlyはまだまだ道半ばで、これから作っていくんだという姿勢を表したかったんです。

新オフィスで紡ぎ出すWantedlyのこれから

── 実際に移転されて、社員の方々の反応はいかがですか?

Wantedly オフィス11

そうですね、働きやすさでいうと前のオフィスは手狭で「マイナス」だったので、そのストレスは解消されたと思います。普通に電話ができるようになりました(笑)。
スペースが確保されて仕事の効率は上がりましたし、自然教育園が窓一面に見えるので、日中、緑を見ていると癒されますね。ランチ環境は場所を選ぶうえで大切にしていたんですが、白金台駅の方へ歩くと品の良いお店が並び、目黒駅の方に行くとB級グルメも食べられる今のオフィスは、選択の幅が広く気に入っています。
また、オフィスが広くなった分、会話をする頻度は減りましたが。一回一回の会話を大切にしようという意識が強まり、コミュニケーションの質が上がったと思います。

── “シゴトでココロオドル人をふやす”Wantedlyの今後の展望は?

Wantedly オフィス12

Wantedlyの出すプロダクトのユーザーが2年後の2015年、1,500万人に増えることを目標としています。
現状はWantedlyのグロースにフォーカスしており、エンジニアも積極採用中です。新機能を導入し、サービスを充実させていきたいと考えています。
Wantedlyの求人情報はこちら)

Photo Album

  • Wantedly オフィス13
  • Wantedly オフィス14
  • Wantedly オフィス15
  • Wantedly オフィス16
  • Wantedly オフィス17
  • Wantedly オフィス18
  • Wantedly オフィス19
  • Wantedly オフィス20
  • Wantedly オフィス21

CEO仲さん、広報の梅内さん、ご協力ありがとうございました!

Wantedly オフィス23

Facebookでシェア
Twitterでツイート

取材を終えて

営業担当:瀧澤

営業担当:瀧澤

今回オフィス探しをお手伝いする中で、仲さんとご一緒させて頂く貴重な機会が多くあったのですが、いつも明るく、人を引き寄せるオーラを持ちながら、時には圧倒的な行動力で鋭い指摘を頂くことも多く、お会いする度に新たな魅力を感じさせられました。これからも陰ながら応援させて頂きます!

編集担当:梁原

編集担当:梁原

「シゴト」に対する価値観に、勝手ながら共感していた仲さん・Wantedlyさん。officeeにお問い合わせを頂いた時は、ご縁に感謝していました。いろいろなメディアでお見掛けしますが、実際にお会いしても更に素敵な方でした。今後ますます、社会にとって「ウォンテッド!」されるサービスだと思います。
仲さんの自著「ココロオドル仕事を見つける方法」、お薦めです!

関連する記事

物件探しでお困りの方は、経験豊富な専任スタッフにお気軽にご相談ください。

メールで相談する

電話で相談する

0120-981-247

お問合わせ受付時間 平日 9:00 - 20:00

  • 全物件仲介手数料は無料

    全物件
    仲介手数料無料

  • 専任スタッフが契約までサポート

    専任スタッフが
    契約までサポート

  • 全国の賃貸オフィスの取り扱い

    全国の賃貸オフィス
    の取り扱い

はじめてご利用の方へ
  • 全物件
    仲介手数料は無料
  • 専任スタッフが
    契約までサポート
  • 全国の賃貸オフィス
    の取り扱い

officeeは、4,000社以上の企業様にご利用いただいています。

  • BIZREACH
  • SmartNews
  • Otsuka
  • Berlitz

物件探しでお困りの方は、経験豊富な専任スタッフに
お気軽にご相談ください。

  • メールで相談する
  • 電話で相談する 0120-981-247

お問い合わせ受付時間 平日 9:00〜20:00