お気に入りの登録はありません。
閲覧履歴はありません。

  • facebook
  • twitter
  • b
  • mail

【PR TIMES】こだわったのは「効率よりも生産性」。部署を越えたコミュニケーションを生み出すオフィス

プレスリリース配信サービスにおけるシェアNo.1を獲得している、株式会社PR TIMES。同社は以前、グループ企業である株式会社ベクトルと赤坂のオフィスに同居していましたが、2016年に単独で南青山へと移転。PR TIMES独自の文化を形成すべく、新オフィスの設計に力を入れたそうです。

そこで今回、移転プロジェクトの指揮をとった経営企画本部の杉山さんに、オフィスのこだわりや移転による社内の変化などについてお話を伺いました。(公開日:2018/01/16)

トレンドの変化を感じられる南青山で、自分たちの文化を築いていきたかった

prtimes_01

── 移転先として「南青山」という場所を選んだ理由を教えてください。

移転前は、赤坂のグループ企業と同じオフィスに入っていました。ただ、PR TIMESとしての人数が増えてオフィスが手狭になってきたこと、そして自分たちの文化を築いていきたいという思いから移転をしました。

エリアについては、恵比寿や六本木なども候補だったのですが、いろいろ探している中でこの南青山の物件が一番良かったんです。また、南青山は表参道まで歩いてすぐなので、「トレンドの変化」をそばで感じられるところにオフィスを構えるというのは、PRの領域で事業を展開する私たちとしても良いことだと思って選びました。

── こちらの物件を選んだポイントは何でしょうか?

まず、天井が高いことですね。そのため窮屈感を感じずに仕事ができるのは良いなと。また、貸室内に柱がないことも良かったです。柱があると見通しが悪く、誰がどこにいるか分かりづらいため、対面でのコミュニケーションが減ってしまうのではないかと考えました。この物件はワンフロアを見渡せて、さらに両面に大きな窓もあるため、とても開放的で気に入っています。

prtimes_02

── 赤坂と南青山では、街の雰囲気の違いを感じますか?

そうですね。赤坂はオフィス街ということもあってビジネス色が強かったんです。一方、南青山エリアはモデルのような方が歩いていたりと、ファッションやトレンドを感じられる雰囲気があるなと思います。

「効率よりも生産性を重視」自由な発想が生まれるようなオフィスへ

prtimes_03

── オフィス設計において、こだわった点を教えてください。

私たちは「効率」よりも「生産性」を大切にしています。言葉通り、効率的に働くことよりも、生産性を上げて働くことに重きを置いています。オフィス設計においても、「生産性を上げる」環境づくりにこだわりました。

たとえば一人ひとりのデスクも、効率面で考えればパソコン1台置ける広さがあれば十分なのかもしれません。しかし、効率を追求するのではなく生産性を上げて働くために、弊社では一人あたりのスペースを十分に確保しています。

また、インテリアの色にもこだわりました。昔は、デスクやチェアの色は圧迫感のあるダークトーンが多かったんです。「組織の色」や文化と呼べるものが明確になかった私たちにとって、何色にも染められる自由な発想を持つために、新オフィスでは薄い色でナチュラルなテイストのものを選んでいます。

prtimes_10

── コの字のカウンタースペースも非常に印象的ですね。

こちらは『TIMES GArDEN』と名付けていて、ちょっとした打ち合わせで使用したり、自席以外で気分を変えて仕事をしたい時などに使っています。

また、週に1回バリスタの方を呼んで、午後の時間帯はいつでも淹れたてのドリンクを飲めるようにしています。というのも、元々この『TIMES GArDEN』は、メンバー同士のコミュニケーションを活性化する上で「ハブ」になる場所が欲しい、と思ってつくった場所なんです。ここを中心に多くの人が利用するような導線を考えて、モノや机を配置しています。

バリスタの方を呼ぶことにしたのは、ただ場所をつくるだけではコミュニケーションは生まれない、何かコンテンツがないとこのスペースは作用しない、と思ったからです。実際、ドリンクが提供されるまでの間に、別部署の社員同士で会話が生まれるなど、「ハブ」になる場所として機能していて嬉しいですね。

── オフィスのレイアウト以外にも、コミュニケーション活性化のために行っている取り組みはありますか?

部署を横断したコミュニケーションを生み出す狙いとして、様々な場面で「プロジェクト制」を取ることがあります。プロジェクトごとに、参加したいメンバーを社内で公募してアサインするんです。一人ひとりに裁量を与えて、仕事の幅を広げることができますし、部署や役割の垣根を超えた交流を生むことができます。

実際に、今回のオフィス移転もプロジェクト制でメンバーが構成されたんです。私以外にもエンジニアがいたりと、様々な部署からメンバーが集まりました。エンジニア目線で考える「良いオフィス」と、私の考える「良いオフィス」は異なるので、その違いを学ぶこともできましたね。

オフィスとは、生産性を上げるために「邪魔をしない存在」

prtimes_05

── 「PR TIMESらしさ」を感じる、オフィスでの日常風景を教えてください。

弊社は「フラットでオープンな組織」を目指していて、座席配置も上下関係を意識しないよう工夫しています。なので、マネージャー陣の席が、一般の社員と入り混じっていたりするんですね。知らない方から見たら、誰がマネージャーなのか分からないと思います。

また、初めてオフィスにいらっしゃった方は皆さん驚かれるのですが、来客用会議室から執務スペースまで隅々を見渡すことができるんです。社内に関してはもちろん、社外に対しても可能な限りオープンでいたいという考えのもと、そのような工夫をしています。

prtimes_06

── 移転して約1年半、社員同士のコミュニケーションに何か変化はありましたか?

以前のオフィスとは違い、新オフィスでは圧倒的にコミュニケーションの量が増えたと思います。

そして量だけでなく、質の部分でも変化がありました。『TIMES GArDEN』などのフリースペースで仕事をする人も増えたことで、別部署のメンバーに意見をもらうシーンが見受けられますね。仕事をする人もいれば、隣でランチを食べる人もいる。「ここはこういう場所」という定義をあえてしないことで、活用方法に幅が出て、使いやすく人が集まるスペースになっていったのかなと思います。

── 最後に、御社にとってオフィスとはどんな存在でしょうか?

社員が業務に集中できるよう、「邪魔をしない存在」だと思っています。私たちがオフィスづくりをする中で、快適さや居心地の良さというキーワードが上がってきたことは一度もありませんでした。これらの要素をオフィスに求めていないからです。一人ひとりの生産性を上げるために、社員の「邪魔をしない環境」を整える。それが、オフィスの持つ役割かなと思いますね。

(photo:服部健太郎/text:永田優介)

株式会社PR TIMES

会社HP prtimes.co.jp

所在地 東京都港区南青山2-27-25

入居ビル ヒューリック南青山ビル

Photo Album

  • img_prtimes_07
  • img_prtimes_08
  • img_prtimes_09
  • img_prtimes_04
  • img_prtimes_11
  • img_prtimes_12
  • img_prtimes_13
  • img_prtimes_14
  • img_prtimes_15
Facebookでシェア
Twitterでツイート

関連する記事

物件探しでお困りの方は、経験豊富な専任スタッフにお気軽にご相談ください。

メールで相談する

電話で相談する

0120-981-247

お問合わせ受付時間 平日 9:00 - 20:00

  • 全物件仲介手数料は無料

    全物件
    仲介手数料無料

  • 専任スタッフが契約までサポート

    専任スタッフが
    契約までサポート

  • 全国の賃貸オフィスの取り扱い

    全国の賃貸オフィス
    の取り扱い

はじめてご利用の方へ
  • 全物件
    仲介手数料は無料
  • 専任スタッフが
    契約までサポート
  • 全国の賃貸オフィス
    の取り扱い

officeeは、3,000社以上の企業様にご利用いただいています。

  • BIZREACH
  • SmartNews
  • Otsuka
  • Berlitz

物件探しでお困りの方は、経験豊富な専任スタッフに
お気軽にご相談ください。

  • メールで相談する
  • 電話で相談する 0120-981-247

お問い合わせ受付時間 平日 9:00〜20:00