お気に入りの登録はありません。
閲覧履歴はありません。

freee株式会社

  • facebook
  • twitter
  • b
  • mail

【freee】オフィスづくりをハックする

「全自動のクラウド会計ソフトfreee(フリー)」の運営をはじめ、スモールビジネスを活性化するプラットフォームづくりに取り組むfreee株式会社さんのオフィスインタビューに行ってきました。(最終更新日:2014/07/29)

freee株式会社

会社HP www.freee.co.jp/

移転先 五反田NTビル(品川区西五反田1-18-9)

移転元 MSビル(港区三田1-2-17)

移転時期 2014年6月

移転規模 約70坪→約210坪

利用人数 約40名

五反田駅から徒歩5分、1Fテナントが書店で、伝統的なデザインの外観が印象的なオフィスビル。しかし、freeeさんが入居する7Fにあがると、“普通”のオフィスらしからぬ待合室が。

freee オフィス1

ミーティングルームはガラス張りで、採光もしっかりあります。カーペットはコーポレートカラーに合わせてブルー系の配色。

freee オフィス2

メインのミーティングルームは椅子がブルーのグラデーションになっていました。ダウンライトがおしゃれな雰囲気をより一層強めています。

freee オフィス 3

広々としたリラックススペースには丸テーブルの他に、なんとミニ四駆のコースが。

freee オフィス 4

そして前のオフィスでも置かれていたという卓球台。今回の移転に伴って国際規格の大きなものにされたそうです。

freee オフィス 5

執務室もゆとりのある使われ方をしていました。随所にホワイトボードが設置されていて、情報共有がスムーズにできそうです。

freee オフィス 6

それでは、今回のオフィス移転について、早速お話を伺っていきたいと思います。

代表取締役佐々木大輔さん

── 今回、オフィス移転をされた理由は何でしょうか?

freee オフィス 7

急成長に伴って、前のオフィスが手狭になってしまったからです。1年半はいる予定だったのですが、8ヶ月ほどで退去することになりました。実効面積が60坪強でしたが、35名〜40名いました。まさに“息苦しい”ほどで、リラックススペースを設けていたのですが常に人がいて、会議室が足りない状態でした。早く移転しないと機能しなくなるのではと懸念していました。
ちょうど、居抜きでオフィスを借りたいというお話をいただいたので、早く決めてしまおうということで移転をする運びとなりました。

── エリアや物件選びでこだわられたポイントは?

freee オフィス 8

当初、エリアは麻布十番の近くで考えていましたが、十分な広さを確保できる物件がなく、対象エリアを広げました。近くに住む社員には住宅手当を支給しているのですが、物件近辺が住みやすいかどうかも考慮しました。麻布十番から五反田に移ることになりましたが、自転車通勤をしている社員は多いですね。
100名ぐらいは視野に入れて、ワンフロアで広く使えるところ、というポイントにはこだわって探しました。弊社は今、人数やチームが急速に増えて、やることもどんどん変わっていくフェーズです。freeeというプロダクト自体も日々変わっていくなかで、その変化のスピードにみんながついていけるよう、近くにいてコミュニケーションしていることが大切になります。フロアを分断せず、エンジニアとカスタマーサポートとがしっかりコミュニケーションをとって、プロダクトの改善に取り組んでいます。

── “freeeらしいオフィス”にするために、どのようなことを考えられていますか?

freee オフィス 9

創業した時はマンションの一室だったのですが、これまでもこれからも、リラックスした雰囲気で仕事ができる、というのは変えたくないと思っています。グレーのカーペットで青白い蛍光灯に低い天井……だと「こういうのじゃない」とテンションが下がってしまいます。“オフィスっぽくないオフィス”にするというのは、freeeのDNAみたいなものですね。
また、特定の誰かがオフィスを作るのではなく、やった方がいいことは立場に関係なく率先して動いています。みんなで工夫して面白くするのが結構大事だと思っていて、例えばエントランスにあるiPadの受付アプリも、エンジニアが自主的に作りました。新言語のSwiftで、発表されてから二日後にはできていましたね。「何でもハックしよう」というのが、freeeの価値基準です。

── ますます注目が高まるfreeeの今後の展望について教えてください!

freee オフィス 10

スモールビジネスをサポートするNo.1の存在になりたいと考えています。そのためにまずプロダクトとして目指すのは、「freeeさえあれば、誰でも簡単にビジネスができる」という状態です。また、バックオフィスに知識がない方でも、freeeを使いこなせるようなサポートを、できればイノベーティブなやり方で提供していきたいですね。例えばチャットのサポート。当初の運用はすごく大変でしたが、日々改善を重ね、高い評価をいただいています。
組織は今年中に倍ぐらいの人数になっていく計画です。自分たちで世の中を良くしたいという意識を強く持っていて、既存の枠に囚われずに考え、実行できる人たちに集まってほしいですね。
freeeの採用情報はこちら)

インタビューへのご協力、ありがとうございました!

freeeのみなさん

Photo Album

  • freee オフィス11
  • freee オフィス12
  • freee オフィス13
  • freee オフィス14
  • freee オフィス15
  • freee オフィス16
  • freee オフィス17
  • freee オフィス18
  • freee オフィス19
Facebookでシェア
Twitterでツイート

取材を終えて

営業担当:阪口

営業担当:阪口

今回オフィスにお邪魔させて頂き、ミニ四駆のコースを見かけた時には(私もミニ四駆世代なので)心がときめきました。ミニ四駆だけではなく、卓球台やダーツなどで社員の皆様がくつろぎつつ、メリハリをつけてお仕事をされるスタイルが印象的でした。まさに、freee様の企業精神を象徴しているオフィスだと思います。
毎日のように、freee様のご活躍が取り上げられている記事を楽しみに拝見しています。また次回のお引越しでも、遊び心あふれるオフィスをご紹介できるよう頑張ります!

編集担当:梁原

編集担当:梁原

Launch Padでの優勝や大型の資金調達など、ウェブメディアで何度も拝見していたfreeeさん。実際にオフィス訪問できるのを大変楽しみにしていました。卓球台が置かれていると耳にはしていましたが、社員の方々が本当に使われているのを目前にして驚きました(笑)。freeeのみなさま、取材へのご協力ありがとうございました!

関連する記事

物件探しでお困りの方は、経験豊富な専任スタッフにお気軽にご相談ください。

メールで相談する

電話で相談する

0120-981-247

お問合わせ受付時間 平日 9:00 - 20:00

  • 全物件仲介手数料は無料

    全物件
    仲介手数料無料

  • 専任スタッフが契約までサポート

    専任スタッフが
    契約までサポート

  • 全国の賃貸オフィスの取り扱い

    全国の賃貸オフィス
    の取り扱い

はじめてご利用の方へ
  • 全物件
    仲介手数料は無料
  • 専任スタッフが
    契約までサポート
  • 全国の賃貸オフィス
    の取り扱い

officeeは、4,000社以上の企業様にご利用いただいています。

  • BIZREACH
  • SmartNews
  • Otsuka
  • Berlitz

物件探しでお困りの方は、経験豊富な専任スタッフに
お気軽にご相談ください。

  • メールで相談する
  • 電話で相談する 0120-981-247

お問い合わせ受付時間 平日 9:00〜20:00