お気に入りの登録はありません。
閲覧履歴はありません。

  • facebook
  • twitter
  • b
  • mail

【AID-DCC】都心のオフィス街にはない“何か”を求めて。創造性をはぐくむクリエイターの「家」

デザインやシステム、音楽、映像など様々なジャンルを通じて、日々インタラクティブクリエイティブを追求するのは、新代田に東京オフィスを構える株式会社エイド・ディーシーシー(以下、AID-DCC)。カンヌ広告賞を含め、国内外の数々のアワードを受賞してきた同社は、クリエイターにとって働きやすいオフィス環境づくりを大切にされています。

クリエイター目線で感じる「働きやすさ」とは、一体どのようなものなのでしょうか?そのヒントを探るべく、今回同社のオフィスを訪問してきました。

***

京王井の頭線の新代田駅から歩くこと、約5分。AID-DCCさんのオフィスは、閑静な住宅街のなかにひっそりと佇んでいます。敷地内には木々が生い茂り、低層のスタイリッシュな建物はおしゃれなデザイナーズハウスといった趣。まさかここに会社のオフィスがあるなんて、と目を疑ってしまうほどです。

aid-dcc_01_オフィス

2階のエントランスを入ると、そこに広がるのはまるでリビングのような空間。奥の大きな窓から、陽の光がたっぷりと注ぎ込んでいます。

aid-dcc_02_オフィス内スペース

ソファやデスクなど、インテリア1つ1つの質感や色、素材にもこだわりが感じられます。空間全体のトーンが統一されていて、とても落ち着いた雰囲気です。

aid-dcc_03

aid-dcc_04

2階奥にある螺旋階段を、ゆっくりとのぼっていきます。

aid-dcc_05

3階にあがると、そこには執務スペースが広がっていました。机やイスはランダムな配置。皆さんPCに向かって黙々と作業されています。

aid-dcc_06_3階執務スペース

aid-dcc_07_3階執務スペース

こちらは一番奥にある窓際の席。日中はとても明るく、気持ちが良さそうです。

aid-dcc_08

それでは、同社にてデザイナーを勤める有吉学さんと高橋呂沙(ろさ)さんに、オフィスのこだわりポイントからクリエイター視点でのオフィスのあり方まで、お話をうかがっていきたいと思います。

aid-dcc_09

(写真左)高橋呂沙さん/(写真右)有吉学さん

「よりクリエイティブな環境を求めて」新代田という立地を選んだ理由

── 2011年に汐留から新代田へとオフィスを移転されたそうですが、都心を離れて住宅街に移られた理由はなんでしょうか?

有吉:僕が入社した際に先輩から聞いた話ですが、まず移転のキッカケとしては、メンバーが増えたことでした。そして、特に「クリエイターが増える」ということで、よりクリエイティブなことができる場所はどこかを考えたときに、ビルに囲まれた殺風景な場所ではなく、緑があって落ち着きのある場所が良かったんですね。

そこで条件に合ったのが、この新代田という街でした。都心とも程良い距離感でありながら、緑がある。そして、各駅停車の駅ということもあって人が少なく、静かで集中できる環境が整っていたんです。

── 新代田の中でも、こちらの物件に決めた理由はありますか?

有吉:大きな窓や吹き抜けの天井など開放感のある作りであったこと、そして周りを森に囲まれた静かな場所であるということが、自分たちの求めるものづくりのための環境とマッチし、決め手となったそうです。

高橋:この物件は、AID-DCCメンバーの人柄がそのまま表れている、という印象です。良い意味で力んでいない、柔らかい人たちが多いんです。この物件のオープンな感じだったり、家っぽさというのが、私たちの人間関係そのものだなと感じています。

aid-dcc_10

── 内装やレイアウトのこだわりを教えてください。

有吉:もともと床や壁がコンクリートの打ちっぱなしだったのですが、より開放的な印象になるように、白と木を基調とした内装に変えたそうです。また、元から閑静な場所ではあるのですが、壁を二重にするなど防音にも気を使っています。

高橋:レイアウトに関して言えば、机が有機的に配置されているのが特徴です。まっすぐではなく、変な道筋でしか自分の席にたどり着かないんですね。それによって、自然と会話が生まれていて。

たとえばアイデア出しで煮詰まっているとき、「どうしたの?」とか「この本、参考になるかもよ」といった具合に、まわりが声をかけてくれることも多いんです。誰かに話しかけにくい雰囲気もなく、コミュニケーションがとりやすいなと感じますね。

また、見える景色が変わるとアイデアも生まれやすいということで、4半期に1回、くじびきで席替えをしています。窓が大きいぶん、天気の変化や季節の移ろいも感じられて、クリエイターにとっては働きやすい環境です。

クリエイターが求めるのは、煮詰まったときに切り替えができる環境

aid-dcc_11

── クリエイター視点で、このオフィスでよかったなと思えるエピソードがあれば、教えてください。

有吉:デザインを考えているときって、力まずに考えないとアイデアが生まれなかったりするんですね。だけど、ここはまるで「箱根にいるのかな」と思うくらい緑に囲まれている。都心にいながら、ここまでリラックスして物事を考えられる環境というのはなかなか無いと思いますね。

あとは、住宅としても使える物件なので、お風呂が付いているんです。考えごとをしていて煮詰まったら、お風呂に入ってシャワーを浴びているとアイデアが出たりするんですよ。お風呂はあまり推奨していないので、やってるのは僕だけかもしれませんが(笑)。

ほかにも、ちょっと歩けば美味しいパン屋さんがあったり、おしゃれなお店があったりと、気分の切り替えができるシチュエーションがあるというのは、クリエイター的にはありがたいなと思います。

aid-dcc_12

── 「AID-DCCらしさ」を感じるようなオフィスの使い方はありますか?

高橋:こちらの2階のスペースは「リビングルーム」と呼んでいて、いつもはお昼ごはんを食べたりブレストをしたりするスペースとして使っているのですが、たまに誰かがウクレレを演奏していたり、みんなでゲームをやったりと、本当に「家」みたいに使っているのはAID-DCCらしいなと。

先日『スプラトゥーン』大会をやったんですが、それに合わせてイカを20杯くらい用意して、1日かけて仕込みをしたり(笑)。仕事をするときも本気だし、遊ぶときも本気で取り組む。それができるのが、このオフィスのいいところだなと思います。

オフィスは、まるで家のような場所

── オフィス設計以外に、「働きやすい環境」をつくる上で取り組んでいることはありますか?

高橋:1つは、定時をきちんと意識するなどタイムマネジメントに取り組んでいること。こういったクリエイティブ系の会社だと、定時があってないようなものになりがちじゃないですか。なので、ちゃんとけじめをつけるためにも、定時になると「蛍の光」が流れて、いったん全員が集合し、業務状況を共有し合うんです。仕事が終わったメンバーはスパッと帰りますし、残務があるメンバーにはサポートをつけて、負担を分散させることができます。こうして、みんながダラダラと仕事しないような環境づくりを心がけていますね。

あと、AID-DCCでは「12%ルール」というのを設けていまして。「個々(またはチーム)のパフォーマンス向上・意欲促進、ライフワークバランス獲得などへの還元」を前提に、1週間の勤務時間のうち12%(約5時間)を業務外のことに充てられるんです。それぞれが個人に合わせた時間の使い方をすることで次のアウトプットに繋げることを目的としていて、自宅で頭をリフレッシュさせる人もいれば、美術館で新たな創造力に磨きをかける人もいます。私自身も、気になった個展を観に行ったりして、「12%ルール」を活用しています。

aid-dcc_13

── お二人にとってオフィスとはどんな存在でしょうか?

有吉:自然に囲まれていることで、「守られている感」があるというか…言ってみれば、安心できる場所だなと感じています。敷地内には森もあって、ふらっと散歩ができて。大きなオフィスビルのワンフロアとかではなく、この敷地全体がオフィス。なんなら駅についた瞬間からもうオフィスにいる感覚なんです。それくらい落ち着いた環境だからこそ、心が休まるように感じられるのかもしれません。

高橋:やはりこのオフィスは「家」のような存在だなと感じています。安心できる場所だからこそ、余計なことを考えなくていいというか、雑念が少ない環境なんですよね。また、陽の光が気持ち良くて、四季を感じられる環境は、仕事にも良い影響が生まれているなと実感しています。

そして、いろいろな価値観を持ったメンバーが集っていて、それぞれを受け入れる社風だからこそ、オフィスだけでなく、人間関係も非常にオープンな関係が築けていて。「場所」だけでなく「人」という要素も含めて、家っぽさを感じられるオフィスですね。

***

たっぷりとお話を聞かせてくださった、有吉さんと高橋さん。ありがとうございました!

aid-dcc_14

(photo:服部健太郎/text:永田優介)

株式会社エイド・ディーシーシー

会社HP aid-dcc.com

所在地 東京都世田谷区羽根木1-19-19(東京オフィス)

入居ビル 羽根木インターナショナルガーデンハウスC01

Facebookでシェア
Twitterでツイート

関連する記事

物件探しでお困りの方は、経験豊富な専任スタッフにお気軽にご相談ください。

メールで相談する

電話で相談する

0120-981-247

お問合わせ受付時間 平日 9:00 - 20:00

  • 全物件仲介手数料は無料

    全物件
    仲介手数料無料

  • 専任スタッフが契約までサポート

    専任スタッフが
    契約までサポート

  • 全国の賃貸オフィスの取り扱い

    全国の賃貸オフィス
    の取り扱い

はじめてご利用の方へ
  • 全物件
    仲介手数料は無料
  • 専任スタッフが
    契約までサポート
  • 全国の賃貸オフィス
    の取り扱い

officeeは、3,000社以上の企業様にご利用いただいています。

  • BIZREACH
  • SmartNews
  • Otsuka
  • Berlitz

物件探しでお困りの方は、経験豊富な専任スタッフに
お気軽にご相談ください。

  • メールで相談する
  • 電話で相談する 0120-981-247

お問い合わせ受付時間 平日 9:00〜20:00