お気に入りの登録はありません。
閲覧履歴はありません。

丸の内(名古屋市中区) 、50坪~100坪の賃貸オフィス・賃貸事務所

東京駅の所在地である「丸の内」は、かつてこの地域に存在していた江戸城の外堀の内側を意味しています。江戸時代初期、湿原や入り江だったこの地は、次々と埋め立てられ開拓されていきました。幕末まで建ち並んでいた、御三家をはじめとする諸大名のお屋敷は、明治維新とともに姿を消すこととなります。一時は草木が鬱蒼と生い茂るまでに荒廃してしまった丸の内でしたが、三菱の2代目当主・岩崎弥之助が巨額の払下げ受け入れを決意。当時なかなか買い手がつかず、荒れ果てた丸の内は「貧乏くじ」と言われていたそうですが、三菱の開発着手によって目を見張るほどの変貌を遂げることとなります。「なに、竹でも植えてトラでも飼うか」と大笑いしたという弥之助には、既にレンガ造りの建造物が並ぶ、日本初の本格的なオフィス街が見えていたのかもしれません。

続きを読む

検索結果 0件 ( 0区画)

officeeでお問い合わせいただいた場合、仲介手数料はすべて無料です。

ご指定の条件に該当する物件は存在しませんでした。

検索条件を変更して再度検索してみてください。

エリアから探す

路線から探す

チェックした物件を
お気に入りに追加
まとめてお問い合わせ

お気に入り物件登録は最大10件までです。
既にお気に入りに登録している物件を削除するか、
チェックの数を減らしてからご登録ください。

OK

お気に入りに追加しました

丸の内について

■伝統と新しさの融合、「日本」を代表する丸の内の街並み
大規模な東京駅舎の復元工事で、記憶に新しい丸の内エリア。大正初期、当時の有名建築家であった辰野金吾によって建設されたもので、その美しいレンガ造りの出で立ちは、今も昔も見る者を魅了してやみません。近年再開発が進められている丸の内ですが、整然としたオフィス街にちりばめられているのは、まさに私たちが日々忘れかけている「日本」そのもの。例えば、大型商業施設の「KITTE(キッテ)」には、全国各地のご当地商品を扱うショップや、「日本のおもてなしフロア」と名づけられたレストランが並びます。古き良き日本伝統文化を継承しつつ、その魅力を最先端の取り組みで世界に発信する丸の内。新古の共存を見事に実現させた街並みこそが、国内外から厚く愛される由縁といっても過言ではないでしょう。

現在の検索条件

【エリア】

エリアを変更する

【こだわり条件】

  • ・坪数 50坪~100坪
  • ・賃料非公開物件を含む
  • ・築年数:新築

こだわり条件で絞り込む

駅徒歩

入居可能時期

築年数

耐震

エントランス

 

その他

再検索

丸の内の賃料相場

20坪~30坪34,600円

30坪~50坪47,144円

50坪~100坪41,732円

100坪~200坪42,262円

200坪以上41,518円

メールで相談する

ご利用実績2000社以上(IT関連実績は500社以上)

サービスの流れ